石垣島のグランピングリゾート「ヨーカブシ」で過ごす、NO密なプライベート旅時間

Sponsored link

ウィズコロナの今、密を避けた屋外での過ごし方として再びトレンドになっている、グランピング。
夏は離島への旅を計画することも多いと思いますが、グランピングを一泊取り入れてみるのはいかがでしょうか?
今回は、沖縄の離島・石垣島での、NO密なグランピング&バーベキューの旅をご紹介します。

離島の旅に取り入れる、グランピングという過ごし方

今回宿泊したのは、沖縄の離島・石垣島にある、グランピングリゾート・ヨーカブシ。
ヨーカブシの敷地内には、一棟建のヴィラ、個々に仕切られたエリアでのバーベキュースペースなどがあり、プライベートビーチまでは徒歩1分!
コロナ禍での新しい旅のスタイルにマッチした、密にならないステイが可能です。

プライベートエリアで、おしゃれなバーベキュー

炎空(honosora)
タップでサムネイルが入れ替わります

ヨーカブシのグランピング施設の中にあるバーベキュー場「炎空」は、個々のバーベキュースペースが広くとられており、スペース同士も仕切られているため安心。

ウェットティッシュ・消毒用アルコール設置
室外なので換気の心配なし
個々に仕切られたエリアのため、密の心配なし

バーベキューは、食材持ち込みも可能ですが、食材を頼んでおけば手ぶらバーベキューが可能◎
セットメニューでいただけるのは、島野菜のバーニャカウダや石垣牛など、地元の食材を使ったおしゃれなメニュー。

すでに火をおこした状態で席にセッティングされているので、道具を洗ったり取りに行ったりといった作業も必要ありません。
また、席には必要なカトラリーに加え、ウェットティッシュや虫除けスプレー、アルコール除菌スプレーなどが準備されています。そのため手を洗って案内された席につき、最初の説明の際にドリンクなどをオーダーしてしまえば、あとはエリアから出る必要もなし!

私は日没前の時間にしてしまいましたが、スタッフの方によれば、夏場は日没後の時間帯の方が暑さがやわらぎ、星空の下でバーベキューができるのでオススメとのことです♩

ヴィラのキッチンでリゾートクッキング

タップでサムネイルが入れ替わります

星空の下でのバーベキューもいいですが、ヴィラのキッチンで自炊をするのも◎
ヴィラにはプライベート空間なテラス席があるので、そこで星空を眺めながらディナーにするのもいいかもしれません。

ただし、調理器具はひととおり揃っていますが、調味料がないので準備が必要。
家から小分けにしてもっていくのが面倒な場合、いろいろな「素」を活用するのも手!タコライスの素や、チャンプルーの素があれば、メインの品が完成しますよ。

ホテルのプライベートプールやビーチで過ごす

グランピングリゾート・ヨーカブシ

食事以外の時間は、のんびりプールで泳いだりプールサイドで読書したり、お昼寝したり・・。
プライベートビーチへは徒歩1分。ホテルからビーチまでの道は、となりのトトロでめいちゃんが中トトロと小トトロを追いかけて通る草木のトンネルのよう。
夜は真っ暗なので、懐中電灯はマストアイテムです。


となりのトトロ - スタジオジブリ|STUDIO GHIBLI

グランピングリゾート・ヨーカブシ
こんな方におすすめ

密を避けたい方・手ぶらでバーベキューを楽しみたい方・おしゃれなグランピングをしてみたい方にオススメ。
ちなみに、宿泊しなくても、バーベキューだけの利用も可能!密を避け楽しめる夕食の候補にしてみてはいかがでしょうか。