石垣島のキッチン付きコンドミニアムでリゾートクッキング!石垣牛のローストビーフ丼

Sponsored link

石垣島のグルメといえば真っ先に浮かぶのが、石垣牛!今回は石垣島のコンドミニアムで、石垣牛を使って料理をすることにしました。
焼肉なら炭火で食べたいし、肉寿司は握れない、ハンバーグというより肉そのものを食べたい気分・・ということで、今回つくることにしたのはローストビーフ!♡
本記事では、石垣牛の調達方法や、スーパー・コンドミニアムを紹介しています。


石垣島で、石垣牛を探せ!

石垣牛のローストビーフをつくるにあたり、準備する材料はこちら。

・石垣牛かたまり(モモロース)150g
・焼肉のタレ(ローストビーフの素の代用)
・パックごはん
・卵(温泉たまご用)
・ベビーリーフ
・クレイジーソルト(家から持参)
・耐熱ジップロック(家から持参)

耐熱ジップロックは、一枚しか必要なかったため、今回家から持参。
クレイジーソルトも家の使いかけを持ってきました。
かさばらないものに関しては家から持っていくと、余計な出費をせずに済みます。

それ以外の材料は、石垣島で調達!

まずはメインの石垣牛ですが、今回はローストビーフにしたいので、赤身かサシの少ないかたまり肉を調達します。
石垣島は石垣牛の産地だし、どこの精肉店でも手に入るのでは?と思っていましたが、焼肉用のスライスされたものしか取り扱いのないお店もあり、意外に苦戦。

石垣島の精肉店に何件か問い合わせたところ、「かみさぐゎー」さんでロースのかたまり肉があるとのこと!
100gあたり1,080円。ひとりぶんなので約150g用意していただき、1,660円でした。

肉のかみさぐゎー
石垣牛各種(モモ JPY 1,080 / 100g)
https://butcher-shop-1794.business.site/


石垣島の地元スーパーでおかいもの

タップでサムネイルが入れ替わります

石垣牛以外の材料は、石垣島のスーパーでお買い物。
市街地にはいくつかスーパーがあり、マックスバリュに至っては三店舗もあります。今回はマックスバリュ石垣店と、タウンプラザかねひで石垣市場に行ってきました。

駐車場はかねひでのほうがやや広く、マックスバリュは夕方だと駐車場が結構埋まっていました。
かねひでには地魚や大トロのお寿司が並んでいたのが印象的。夏には石垣島でとれたフルーツも並ぶようです。

石垣牛はどちらのスーパーでも見つけられず、ローストビーフの素もありませんでした。
そのかわり(?)焼肉のタレやステーキのタレがたくさん!
ローストビーフをつくるにあたり、家ではみりんと醤油、ニンニクチューブを使いますが、今回は焼肉のタレで代用しました。
旅行先での自炊の際は市販のタレをフル活用!

タウンプラザかねひで石垣市場
たまご ベビーリーフ
https://goo.gl/maps/nyHYW5jgY2fUTtqr8


石垣島のキッチン付きコンドミニアム

タップでサムネイルが入れ替わります

今回宿泊したキッチン付きコンドミニアムは、『WBF POROT石垣島』。
市街地にあり、港やスーパーまでアクセスの良い立地です。

石垣港離島ターミナル…徒歩10分
肉のかみさぐゎー…徒歩5分
かねひで…徒歩10分
マックスバリュ石垣店…徒歩10分
一番近いファミマ…徒歩5分

コンロはIHがひとつで、調理器具の一部は受付で貸し出してもらいます。

ピーラー、トング
おたま、フライ返し、
片手鍋(蓋付き)・フライパン、
炊飯器、ケトル、電子レンジ、
冷蔵庫・冷凍庫
まな板、包丁、炊飯器、食器用洗剤は受付で貸し出し

小さめのどんぶり、お椀、
お箸が二つずつ
大きめのお皿二枚

二人部屋なので食器類はすべてふたりぶんあります。

タップでサムネイルが入れ替わります

そして何より素敵だったのが、夕方〜夜にかけて、ロビーにフリードリンクのミニバーが登場すること!
四つ並んでいる樽は、全て異なる種類の泡盛です。その他にも赤ワイン、白ワイン、ウイスキーがあり、ソフトドリンクはコーヒー、シークワーサージュース、さんぴん茶。
隣にあるのはホテル自家製ちんすこうで、ココナッツと黒ごまのフレーバー。両方とも激うまでした。もっと食べたかったな・・
お土産に売っていたら、絶対買って帰るくらい気に入りました。


石垣牛のローストビーフ

タップでサムネイルが入れ替わります

ローストビーフは火入れが難しいイメージでしたが、炊飯器の保温機能を使うことで、わたしは今まで失敗なく調理ができています。
今回このコンドミニアムにした決め手も、炊飯器を借りることができるということ。フライパンとアルミホイルで作り慣れている方は、炊飯器はなくてもいいかもしれません。

ローストビーフの調理法はクックパッドのページを参考にしています。

・お湯を沸かしておく
・常温に戻しておいたお肉に、クレイジーソルトをなすりつける
・油は引かずにフライパンでお肉の表面をよく焼く
・焼いたお肉を焼肉のタレと一緒にジップロックに入れ、空気を抜いてとじる
・ジップロックごと炊飯器に入れ、お肉が入ったジップロックが完全に浸かるくらいまで沸騰したお湯を注ぐ
・保温にセット(150gで25分保温しました)

時間が経ったら取り出して、袋ごと流水で冷やし、一旦冷蔵庫へ。
粗熱がとれたらお肉をカット!
チンしたごはんの上に付け合わせの半熟卵と一緒にのせれば完成です♡

石垣牛でつくったローストビーフは、適度に入ったサシのおかげでとてもジューシーな味わいでした。
かむほどに肉汁とサシの脂身が混ざって、焼き肉にも負けない美味しさ。ミニバーからいただいた赤ワインがすすみます。

WBF PORTO 石垣島
1泊 JPY7,790 / 名
https://www.hotelwbf-okinawa.com/ishigakijima/


石垣島で自炊はいかが?

石垣牛でつくったローストビーフは絶品でした♡!
キャンプ飯のブログなどを読むと、ローストビーフはキャンプなどでもよく作られているメニューのようで、室内で炊飯器があればなおさら簡単につくることができます。
あまりをパンに挟めば、翌日の朝ごはんにも!
間違いなくリゾートクッキングにおすすめな一品です。