吉野山への送迎付きプランで楽ちん。森の交流館で過ごす癒しの夜

Sponsored link

桜の時期には大混雑の吉野山。吉野山の旅館に泊まるのも素敵ですが、少し離れた宿でゆっくり過ごし、翌日吉野山に送迎してもらうのも楽ちん♩
吉野山の桜の絶景のプラス情報です。

絶景奈良

絶景plus - おもてなしの宿

森の交流館

絶景 - 一目千本桜

吉野山

森の中で、リフレッシュ #森の交流館

タップでサムネイルが入れ替わります

下市口駅から宿の送迎ワゴンで山へ走ること約30〜40分で、森の交流館に到着。
山の中ではあるものの、整備された車道がそばにあるため、孤立した感じはそこまでありません。
宿の前には川が流れておりアマゴが名物だそうで、夏にはほとりでバーベキューもできるとのこと!
訪れた4月はじめは大丈夫でしたが、夏は蚊の対策をしたほうがいいかもしれません。
木のぬくもりを感じる館内には、ちりめん細工がたくさん飾られており、暖かい雰囲気の宿です。

森の憩いスポット #道の駅 吉野路黒滝

タップでサムネイルが入れ替わります

夏ではなくバーベキューもしないため、森の交流館から徒歩15分のところにある道の駅 "吉野路黒滝" へ。
駐車場には満開の桜が咲き誇っており、吉野山の桜の前に、一足お先にお花見気分です♡
駐車場は普通車50台分あるため、満開の時期には立ち寄ってみてはいかがでしょう。

物産店、出店

タップでサムネイルが入れ替わります

道の駅 吉野路黒滝には、お土産や特産品などの物産館ほかに、コンビニ(ヤマザキショップ)もあるので飲み物の調達などに便利です。
また手作りの食べ物を売る出店がでており、ししコロッケや手作りこんにゃくなど、地元の名物をいただくことが可能。
ボタン汁をいただきましたが、肉は臭みがなくとても食べやすい!
出店は17時までのようです。

味も量も、豪華な夕食 #森の交流館

タップでサムネイルが入れ替わります

森の交流館は、口コミで料理が美味しいとのことでしたが、まさにその通り。
さらに、前菜、お造り、焼き物(アマゴの塩焼き)、メイン(和牛のすき焼き)、鹿のたたき、煮物、揚げ物(天ぷら)、炊き込みごはん、デザート(アイスクリーム)と品数も豊富で、メインをすぎたあたりでもう満腹です。
食べきれなかった炊き込みごはんとミニ団子は、タッパーに入れてもらい持ち帰ることにしました。
(翌日の帰り、新幹線の中でいただきましたが、冷めても美味しい炊き込みごはんでした!)

朝ごはん

夕食はかなり豪華でしたが、朝も負けてはいません。
朝ごはんも品数が多く、奈良の名物の茶粥やお漬物、焼き物などが並びます。
なかでも美味しかったのは、七輪で焼き、生姜醤油につけていただくしいたけ!大きさは手のひらくらいあり肉厚で、食べ応えのある一品でした。

朝ごはんのあとは再びワゴンで送迎してもらい、吉野山の桜を見に行きます。